ダイエットで野菜を使う前に知っておくべき事とは?痩せ成分を紹介。

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は野菜のヤセ成分についてを紹介したいと思います!!

%e9%87%8e%e8%8f%9c

ダイエットには野菜を中心に食べる人も多くいるかと思いますが
野菜にはどんな栄養素が入っているか知っていますか?

今回は
ダイエットにオススメのヤセ成分が含まれた野菜を紹介します。

 

 

トマト

%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88

13-OXO-ODAが含まれていて脂肪燃焼効果をアップさせて中性脂肪や血糖値も下げてくれて
脂肪肝などの代謝異常も改善してくれます。
生でも食べれるので是非サラダに使いたい野菜です。

 

 

えのき

%e3%81%88%e3%81%ae%e3%81%8d

キノコキトサンの効果でメタボの改善・便秘解消・免疫力のアップがあり
余分なものを包み込んで体の外に排出してくれる効果があるので
食べた脂の吸収を抑えてくれます。

炒める場合はサッと炒めないと栄養素が逃げてしまうので
みそ汁に入れて栄養素ごと摂るのがオススメ。

他のキノコ類もダイエットにとって強い味方になります。

 

 

玉ねぎ

%e7%8e%89%e3%81%ad%e3%81%8e

血液をサラサラにしてくれる事で知られる玉ねぎですが
シクロアリインの効果で中性脂肪脂肪を減らしてくれるので肥満の予防にも効果的。

肌荒れやアンチエイジング効果もあるので女性にとって美容にも嬉しい効果があります。
しかも、皮に多くの抗酸化作用が含まれているので
皮をお湯で煮出してみそ汁などの出汁に使うのがオススメです。

 

 

ブロッコリー

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%83%bc

何と言ってもデトックス効果が高く
解毒酵素を活性化して体の毒素を排出してくれるスルフォラファンが多く含まれるので
ダイエット食材としてよく使われます。

内臓脂肪も溜め込まない効果があるので肥満解消に強い味方になってくれます。

ブロッコリーは房と芯で調理時間を調節すると美味しく食べる事ができます。

 

 

ほうれん草

%e3%81%bb%e3%81%86%e3%82%8c%e3%82%93%e8%8d%89

食欲増進ホルモンを抑制してくれるチラコイドがふくまれるので
空腹感を和らげて、脂肪の消化・吸収を遅らせふてくれます。

茹でる場合は栄養素が壊れないようにサッと茹でるくらいが良いでしょう。

 

 

ゴーヤ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

運動をしなくても体に溜まった脂肪をスムーズに分解して
脂肪の吸収を抑える共役リノール酸が含まれているので
脂肪を減少させる効果が期待できます。

今ではスーパーで簡単に手に入る野菜になってくれました。

 

 

とうがらし

Plate of Red Chili Peppers

ダイエットではよく代謝を上げるために
とうがらしに含まれるカプサイシンを摂ることが当たり前になっています。

とうがらしを食べることで
アドレナリン分泌によって発汗作用と脂肪燃焼効果をアップさせる効果が。

そこに有酸素運動を組み合わせることでダイエット効果がさらにアップします。

 

 

にんにく

%e3%81%ab%e3%82%93%e3%81%ab%e3%81%8f

新陳代謝を活発にさせて冷え性を改善してくれるスコルジニン。
ビタミンB1が豊富に含まれているので
糖質をエネルギーに変えてくれるので脂肪をつきにくくしてくれます。

ちょっと臭いだけは気を付けないとですね。

 

⇒ベジヌードルにおすすめのカッターや野菜についての詳しい記事

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

野菜のヤセ成分で効率よく痩せたいですね(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る