肥満になりやすい都道府県は?どんな生活や食べ物で太る?

%e8%82%a5%e6%ba%80%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は9月24日の「サタデープラス」で放送された
肥満になりやすい都道府県について紹介したいと思います!!

%e8%82%a5%e6%ba%80%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%82%84%e3%81%99%e3%81%84

答えから言うと
47都道府県中最も肥満になりやすい県は「長崎県」

なぜ長崎県なのか?
生活や食べ物について紹介していきますね。

 

 

長崎県の生活

長崎市といえば8割が斜面の坂の町。
坂が多ければ歩くだけで痩せそうなイメージですが
長崎県の中高年の方に話しを聞くと歩くのが大嫌いという人が多いんです。

では、どのようにして坂を上っているのかというと
お年寄りのために無料で利用できる斜面移送システム(リフト)だったり
住宅街のど真ん中にあるエレベーターを利用しています。

また、タクシーの支出額は全国4位・バスの支出額は全国2位なんです。

%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%88

他県で見かけないようなリフトがあったりするのとは反対に
長崎駅には他の県の駅では当たり前にある自転車置き場がありません。

自転車の保有率は全国46位。
坂が多過ぎて自転車では上りづらく、バイクでの移動が圧倒的に多いのです。

 

歩かないし、自転車に乗らないので
日常生活での有酸素運動の少なさが肥満を多くした要因になるそうです。
肥満は腰痛や糖尿病・心筋梗塞のリスクが増え「万病の元」とも言われるだけでなく
13種類のガンの原因にもなっています。

また、厚生労働省が調査した結果
メタボの人は痩せている人に比べて医療費が年間10万円も多く出費しているんだそうです。

 

 

長崎県民の食生活

有酸素運動の少なさが肥満を多くした原因には間違いないのですが
大きな原因は食生活にあると言います。

名物の皿うどんを食べると砂糖で甘く味付けされているのが常識で
ソースで自分好みにして食べていきます。

砂糖自体が悪いというわけではなく問題は砂糖の過剰摂取。

 

%e7%a0%82%e7%b3%96

鎖国時代に西洋との貿易を唯一許された長崎の出島で
輸入されたもの中には砂糖があり
貴重な砂糖が容易に手に入ったからこそ砂糖を多く使う文化が
長崎に根付いたと考えられています。

 

長崎のカステラの底にはザラメ付きが当然。
また、かす巻きというお菓子はあんこをカステラで巻いてザラメでコーティング。

%e3%81%8b%e3%81%99%e5%b7%bb%e3%81%8d

 

飲み物では喫茶店や家庭で昔から飲まれている
カルピスをコーラで割ったカルコーク。

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%82%af

家庭でも
ポテトサラダや天ぷらの衣にも大量に砂糖を投入。
醤油も「あまくち醤油」を何にでも使用。

かなりのあまあまな食生活なんです。

 

因みに
油もの摂り過ぎはは皮下脂肪に
甘いものの摂り過ぎは皮下脂肪だけでなく内臓脂肪にもなってしまいます。
内臓に脂肪がつくと生活習慣病などを悪化させる要因になります。

 

食べるなら
脂肪を溜めこむ働きをする肥満遺伝子ビーマル1が少ない昼の14時がオススメ。
14時は脂肪を溜めにくい時間だと言えます。

逆に夜中の2時にはビーマル1の量がピークになり
脂肪を溜めやすいので食べるのは避けましょう。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

長崎県が肥満になりやすい県なんて意外でしたね(*^▽^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る