太らないご飯の食べ方とは?ご飯を冷やすだけでダイエットになる?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は10月24日の「主治医が見つかる診療所」で放送された
太らないご飯の食べ方について紹介したいと思います!!

%e3%81%94%e9%a3%af2

ダイエット中は糖質であるご飯を我慢しがち。
我慢したのに痩せなくて
ストレスだけ溜まってしまってドカ食いしてリバウンドなんてことも。

しかし、ご飯でも太らない食べ方が分かれば
無理に我慢してストレスを溜めることもなくダイエットできたら嬉しいですよね。

⇒太らないおやつの食べ方の詳しい記事はコチラ

 

 

ご飯を食べても太らない方法

ご飯だけではなくパンや麺を含む糖質を食べても太らない方法。
今は糖質制限や糖質を抜くダイエットが流行っていますが
糖質はエネルギーの主要な部分なので
完全に抜いてしまうのは健康に問題があります。

糖質は脳や神経のエネルギーとなるので
いきなり完全にカットすると
脳の働きが悪くなり、不調の原因にもなります。

さらに、体は糖質がなくなると
体内で合成しようとしてタンパク質を分解し始めるので
筋力の低下につながります。

%e3%83%9d%e3%83%83%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%81%8a%e8%85%b9

ご飯のある成分と上手に付き合うことで
太らない食べ方ができます。

その成分とは「レジスタントスターチ(快腸デンプン)」!!

レジスタントスターチは炭水化物などに含まれるデンプンの一種で
通常のデンプンは胃などで消化されて腸で吸収されるのに対して
レジスタントスターチは消化されにくく腸まで届いて
腸まで届き便秘を予防するなど食物繊維と同じように働いてくれます。

 

炭水化物の代表であるご飯や麺類を
どうやって食べれば太りにくく食べることができるのでしょうか??

それはご飯を冷やして食べること!!

%e3%81%94%e9%a3%af

炭水化物に含まれるデンプンは消化されやすいのですが
冷やされることで消化されにくいデンプンである
レジスタントスターチに変化します。

凍ってしまうといけませんが
4℃くらいで冷やすのが良いのですが
ちょうど冷蔵庫の温度が約3~6℃とされているので
30分冷やすことでレジスタントスターチが増加し始め
2時間ほどでレジスタントスターチの量は1.6倍になるので効果が期待できます。

冷蔵庫から出してすぐ食べても大丈夫ですが
冷えすぎたご飯が苦手であれば室温に戻して食べても
レジスタントスターチ的には変わりません。

 

 

これはご飯以外にも応用できるので
ラーメンの代わりに冷し中華・冷製パスタにするなどして
食べると太りにくい食べ方ができます。

 

 

ご飯はメンタルにも良い

ご飯は体だけでなくメンタルにも良いそうで
トリプトファン(心を穏やかにする脳内ホルモン)や
ヒスチジン(神経機能の維持)などといった脳の栄養素を多く含みます。

炭水化物を抜いてダイエットした人が
うつ傾向になる人もいるそうです。

%e3%81%86%e3%81%a4

脳は糖分でしか機能することができないので
脳にとっては非常に重要な栄養素だということが分かります。

 

 

注意点

ただ、温め直してしまうと通常のデンプンになるので
レンジで温めたりしないようにしましょう。

温かいご飯を食べたいなら
朝食に温かいご飯をちょっと食べて
残ったご飯をお弁当にして冷たくして食べます。
夕食はご飯を控えるor少量にしましょう。

%e3%81%8a%e5%bc%81%e5%bd%93

レジスタントスターチは冷やすと増えますが
冷たいご飯は消化されにくいので
胃腸の弱い方には合わないようです。

 

 

まとめ

皆さんいかがだったでしょうか??

太りにくいご飯(炭水化物)の食べ方でした。
冷たいままではなく室温まで戻せるならできちゃいそうですね(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る