年末年始の食べ過ぎを解消するダイエット法は?忘・新年会編!

%e5%bf%98%e5%b9%b4%e4%bc%9a
sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は年末年始の食べ過ぎ解消についてを紹介したいと思います!!

%e5%bf%98%e5%b9%b4%e4%bc%9a

会社の人・営業先などのお客さん・友達などとの忘年会と新年会は
長い人では12月初旬〜1月終わりまで
毎週や連日あるって人も少ないのではないのでしょうか?

今回はそんな年末年始の忘・新年会で体重が気になるって人のダイエット方法を紹介。

上手く忘・新年会で体重をリセットしないと
12〜1月はクリスマスやお正月があるのでさらに太ってしまう結果になってしまいます!

 

⇒クリスマスで食べ過ぎた時のダイエット方法の詳しい記事

⇒正月太りの予防と解消法の詳しい記事

 

 

ベジタブルファーストを基本に

年末年始の飲み会では
ベジタブルファースト(野菜を1番最初に食べる)を心掛けましょう。

%e9%87%8e%e8%8f%9c

刺身なら大根のツマ・鍋なら野菜類・サラダなどから食べることで
野菜に含まれる食物繊維が消化に時間がかかります。
そうすると
糖の吸収が抑えられ血糖値の上昇が緩やかになります。

また、含まれている酵素が消化をサポートしてくれます。

 

 

お酒の選び方

お酒なら糖を含まない蒸留酒がオススメ!
ビールは糖質が高いので最初の乾杯だけにしましょう。

%e8%92%b8%e7%95%99%e9%85%92

蒸留酒といえば
ハイボール・焼酎・ウイスキー・ブランデーなど有名ですが
レモンも果糖が少ないのでオススメです。

 

 

おつまみの選び方

せっかく飲み物で糖質の少ないものを選んでも
揚げ物や炭水化物ばかり食べてしまえば台無しになります。

おつまみでオススメなものは
焼き鳥は焼いてあるだけで余分な脂が落とされているし
皆でシェアできて良質なタンパク質を摂ることができます。

枝豆も脇役と思いがちですが
ビタミンとタンパク質が一緒に摂れる優秀なおつまみ。

%e3%81%8a%e3%81%a4%e3%81%be%e3%81%bf

他にも
サラダや冷奴・キムチや納豆・チーズなどの
大豆系・発酵食品系を選ぶことを心がけましょう。

 

 

飲み会の翌日のリセット術

いくら飲み物や食べ物に気を付けても
連日飲み会続きだと内臓が疲れて機能が落ちてしまい
基礎代謝・エネルギー消費率も低下してしまいます。

そんな時は
消化機能を助ける食べ物を食べて回復させましょう。

%e4%ba%8c%e6%97%a5%e9%85%94%e3%81%84

脂肪を多く摂り過ぎた時は
脂肪の代謝を助け、基礎代謝を上げるのに必要な
成長ホルモンをたくさん出すようにしましょう。

成長ホルモンは唾液の中に多く含まれています。
ブロッコリーやアスパラガスなどの
自然と咀嚼する硬い野菜には脂肪の燃焼をアップさせてくれる
ビタミンB群が豊富に含まれています。

飲み会続きなら
硬い野菜で成長ホルモンを出しつつ
カロリーコントロールするようにしましょう。

 

 

まとめ

飲み会が続くと暴飲暴食しがちですが
少しのことを心掛けるだけで
結果は大きく変わってくるものですよ(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る