【主治医が見つかる診療所】食べ合わせダイエットの効果や具体例を紹介!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は12月13日の「主治医が見つかる診療所」で放送された
食べ合わせダイエットについて紹介したいと思います!!

%e9%a3%9f%e3%81%b9%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b%e3%83%80%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%88

平安時代から世に出てきた食べ合わせ。
噂や言い伝えから生まれてきたものですが
上手く食べ合わせることでダイエットや健康増進に効果があります。

 

 

とんかつ(豚肉)✖キャベツ

%e3%81%a8%e3%82%93%e3%81%8b%e3%81%a4

特に脂肪が気になる肥満気味の人にはオススメ。

豚肉にはたくさんの脂肪が含まれており
全部摂取すると肥満の原因になりますが

キャベツに含まれる豊富な食物繊維が
胃と腸でとんかつの脂肪を吸着して体に吸収される脂肪を減少してくれます。

しかも、キャベツは千切りにすることで
繊維の表面が余計現れるので効果が高くなります。

 

 

酢豚(豚肉)✖パイナップル

%e9%85%a2%e8%b1%9a

豚肉に含まれるタンパク質は鎖のようにつながっています。

パイナップルなどの果物には消化酵素が豊富に含まれており
鎖のようにつながっているタンパク質を
より細かい状態であるアミノ酸に分解します。
タンパク質は分解されてアミノ酸にならないと何の役にも立ちません。

このアミノ酸が再び結合することで
筋肉・靭帯・皮膚・血管などになります。

ダイエット中にタンパク質やアミノ酸が不足すると
筋肉が作られずに代謝しにくい体になったり
老化の原因になったりします。

 

海外では肉と果物の組み合わせは一般的で

ソーセージにフルーツジャム
ハンバーグにパイナップル
生ハムにメロン      など

%e7%94%9f%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%83%a1%e3%83%ad%e3%83%b3

特に生ハムは発酵させる過程でタンパク質が分解されて
アミノ酸が増えた状態。
メロンにも消化酵素とカリウムが豊富で
タンパク質の分解・生ハムの塩分排出にも効果的。

 

 

ダイエットスープ

3大栄養素であるタンパク質の摂取量は近年激減して
タンパク質不足になり
細菌やウイルスに対する抵抗力・免疫・ダイエット・頭痛・めまいなどにも
悪影響を及ぼしています。

このタンパク質不足を解消するのが1日1食にスープを加えること。

1日1食スープダイエットのポイントは
①植物性・動物性タンパク質を一緒に食べる。
②タンパク質と大量の野菜を同時に摂ること

%e9%87%8e%e8%8f%9c%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

動物性タンパク質には「牡蠣」
植物性タンパク質には「豆乳」を使用。

牡蠣には
ビタミンB群が豊富で糖質や脂質の分解を助けてくれるので
ダイエット効果がアップ。
また、牡蠣に含まれる鉄分が酸素を全身に供給し
基礎代謝を上げるには必要不可欠です。

 

カキと豆乳スープの作り方

%e8%b1%86%e4%b9%b3%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%97

【材料 4人前】

カキ(むき身)  400g

ほうれん草   2束

シメジ     1株

酒       大4

ごま油     大2

ショウガ    2かけ

鶏ガラスープ  4カップ

豆乳     4カップ

味噌     大1

塩      少々

 

【作り方】

①鍋にゴマ油を熱し、切ったホウレン草とシメジを炒める。

②鶏ガラスープとショウガを加えてひと煮立ちさせる。

③豆乳と味噌を加え、下茹でしたカキとホウレン草を入れて軽く煮る。

 

ダイエット中に
適度な運動とタンパク質をしっかり摂ることで筋肉を落とさずに基礎代謝がアップ。
太りにくく燃やしやすい体質に変えることができます。

 

⇒焼肉・お好み焼き・ラーメンを安心して食べる帳消しダイエットについての詳しい記事

 

 

まとめ

いくら食べ合わせがダイエットに効果的だからといって
同じ食材だけ食べるのではなく
栄養バランスを考え色々な食材を食べましょう(^0_0^)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る