便秘が解消できる食べ物とレシピは?ジャガイモと梅干しで快便に!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は「美食系健康バラエティー☆おいしいカラダ」で放送された
美味しく便秘解消する方法について紹介したいと思います!!

%e7%be%8e%e5%91%b3%e3%81%97%e3%81%8f%e4%be%bf%e7%a7%98%e8%a7%a3%e6%b6%88

じゃがいもと梅干しが便秘に効果があるなんて意外ですが

 

じゃがいもには
デンプンが豊富に含まれており
このデンプンは熱されて分解した後
冷やされることでレジスタントスターチに変化します。

このレジスタントスターチは胃や小腸で消化されずに
大腸に到着し食物繊維と同じ働きをしてくれます。

ジじゃがいもはデンプンが多い男爵いもを使用します。
加熱したじゃがいもは冷蔵庫で48時間冷やすことで
レジスタントスターチがより増えるので作り置きしておくのもオススメです。

また、体に吸収されにくいため
デンプンに比べてカロリーが半分になります。

 

梅干しのクエン酸は
腸を活発に動かし便を押し出す作用があります。

梅干しは完熟したものほどクエン酸が多いので
完熟梅から作られた梅干しを使用します。

 

 

食感モチモチじゃが団子

%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%82

【材料 4人前】

じゃがいも(男爵)  250g

片栗粉      大さじ3

梅干し      50g
(種を取ったもの)

鰹昆布だし    360㏄

酒        20㏄

薄口醤油     25㏄

みりん       20㏄

合い挽き肉    50g

三つ葉      20g

水溶き片栗粉   大さじ3

 

【作り方】

①洗ったじゃがいもは濡れたままラップに包む。

②600Wのレンジで約5分加熱(じゃがいも2個の場合)。

③火が通ったら皮を剥いて潰し、片栗粉を加えて滑らかになるまでこねる。

④梅干しは種を取り包丁でたたいておく。

⑤じゃがいもの生地に④を包み丸く成形。

⑥水を少しかけてレンジで蒸す(600Wで約2分)。

《あん作り》

①だし・酒・醬油・塩をを火にかけ合い挽き肉を加えて火を通す。

②水溶き片栗粉でとろみをつけて、三つ葉を入れる。

③じゃが団子にたっぷりかける。

④冷蔵庫でしっかり冷やしたら完成。

 

 

スパニッシュジャガレツ

%e6%a2%85%e5%b9%b2%e3%81%97

【材料 24㎝のフライパンで作る場合】

じゃがいも(男爵)  250g

梅干し       50g
(種を取ったもの)

分葱        150g

塩昆布       10g

小麦粉       大さじ2

卵         5個

合い挽き肉     100g

サラダ油      60㏄

 

【作り方】

①じゃがいもを細い千切りに切って、サッと水にさらす。

②梅干しをちぎってじゃがいもと合わせる。

③笹切りしたネギ・塩昆布を加えて混ぜる。

④卵と挽き肉を混ぜ合わせ、③に入れて混ぜ合わせる。

⑤サラダ油を熱したフライパンに④を混ぜながら焼いて全体を半熟状にする。

⑥蓋をして蒸し焼きにする。

⑦ある程度固まったら、オムレツを返して焼く。

⑧もう1度蒸し焼きにしたら、冷蔵庫でしっかり冷して完成。

 

 

ひんやり梅玉団子

%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%8c%e3%81%84%e3%82%82%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5

【材料 4人前】

マッシュじゃがいも  240g

白玉粉       60g

水         60㏄

梅干し       40g
(種を取ったもの)

黒蜜        120g

きな粉       40g

 

【作り方】

①マッシュしたジャガイモに水で練った白玉粉をしっかり練り合わせる。

②梅肉を①に混ぜてざっくり混ぜ合わせる。

③小さな団子状に成形していく。

④熱湯で茹で、団子が浮かんで来たら1分後に取り出す。

⑤しかり氷水で冷やす。

⑥氷水から取り出した団子に黒蜜ときな粉をかけたら完成。

 

 

まとめ

レシピで使われている
じゃがいもは男爵いも・梅干しは南高梅(完熟)の梅干しを使用してます(#^.^#)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る