北島達也の筋トレダイエット!正しい腹筋と痩せる意外な食べ物は?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

今回は12月3日の「ヨソで言わんとい亭」で放送された
自宅で無料でできる筋トレダイエットについて紹介したいと思います。

 

このダイエットを提唱するのは
肉体改造のプロフェッショナル
北島 達也さん

北島達也

北島さんはカルフォルニアのボディビルダーの選手権で日本人初優勝!
ハリウッド俳優御用達の有名ジムでトップビルダー達に数々の指導を受けて独自の理論を開発して
その理論をYouTubeで紹介したところ400万回以上の再生回数を記録しました。

そんな北島さんが巷で間違っている筋トレ方法と食事の摂り方について話されていたことを
紹介したいと思います。

 

 

正しい腹筋のやり方とは?

まず腹筋は
よく上体を起こすやり方を想像する方が多いと思いますが

北島さん曰く
「あれはほとんど腹筋を使ってないので意味はない」
そうです。

上体起こし

上のイラストのような腹筋が効果がないとしたら
どんな時に腹筋は使われるのでしょうか?

腹筋が1番伸びているのは
息を吸い込んでお腹を凹ました状態

逆に
腹筋が1番縮んでいるのは
息を吐き出しお腹を縮めている状態

だそうで状態を起こすことに意味はなく腰を痛めるだけだそうです。

 

 

本当に効果のある腹筋とは

寝転がった時に息を大きく吸い込んでお腹をへっこませる

息をフッと吐きながらお腹を殴られたと思って縮める(お腹を思い切り凹ませる)
TVを観る限り状態を起こすのは肩甲骨が浮いた程度。

ただこれだけです。

 

また注意点として
①ゆっくりをずっと続けて筋トレする人がいますが
筋肉を意識するまではゆっくりで、意識ができたら速く行う。

②筋肉が鍛えられるのは無酸素運動ができる45秒間だけで
それを過ぎると有酸素運動に変わってしまう。

③筋肉が最大の能力を発揮できるのは7秒間だけなので
それを体感できれば筋肉がつくというスイッチが入るので
長時間行うより7秒間に集中して行う方が効果が高い。

④30回なら30回、50回なら50回と自分で1セットの回数を決めて
その回数しかできないように全力で行う(余力は残さない)

 

そしてもう1つ重要なポイントが
筋トレダイエットは3セットで行うのがベスト
3セット目の興奮した状態で7秒間を作り出せれば
スイッチが入って体が変わるとか。

インターバルは息切れが終わったら終了なので
個人差がありますが30秒~1分程度で行っていく。

この腹筋をマスターしてしまえば
週1回のトレーニングだけで体が変わるとのこと。

全身鍛えたり毎日筋トレをやると
筋肉が回復するには48~72時間かかるので
筋肉はつかず逆効果になるそうです。

腹筋

 

 

 

意外なアレをたくさん食べて
痩せる??

最初に答えから教えちゃうと
豚トロ・カルビ・マヨネーズ・チーズ・アボガド・ゆで卵などです。

焼き肉

意外過ぎるし、今までのダイエットには御法度のものばかり!!
北島さん曰く
「糖質を抑えて、脂肪とタンパク質だけを摂ることによって痩せる」
とのこと。

ただ、糖質は抑えないといけないので一緒にご飯(炭水化物)は絶対NG!
野菜や果物も糖が含まれますので摂り過ぎるのはNG!

 

⇒TVで紹介された松本人志さんの筋トレ方法についての詳しい記事

 

 

皆さんどうでしたでしたか?
私は意外な事ばかりでした(笑)

週1で効果あるなら北島式腹筋頑張っちゃおうかな(●^o^●)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る