置き換え・かさ増しダイエットの効果を上げる調理法や選び方!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は置き換え・かさ増しダイエットのテクニックについて紹介します。

食材

カロリーや糖質・脂質が高い料理や食材を置き換えたり
量を食べても太らないようにするためにかさ増しさせるダイエットが流行しています。

食材を置き換えたりかさ増しさせるなら効果が出る方がイイですよね。

効果を出しやすくする5つのテクニックを紹介します。

 

 

副菜にプラスで満足度アップ
お浸し
野菜が体に良いのは分かっているけど
サラダやお浸しだけじゃ物足りなく感じるのであれば
そこにかさ増し食材のおかずをプラスしましょう。

かさ増し料理をプラスすることで
主食の量を減らしたり
視覚的に食事が豪華になると
脳が満足して食べ過ぎ、無駄な間食を防いでくれます。

 

 

メインを大きくする
豆腐ハンバーグ
メインディッシュが大きいと満足感が非常に高まる食事になります。
特に肉料理のかさ増し食材はレパートリーが多いので
カロリーと脂質を抑え
ヘルシーと満足いくビックサイズを両立させやすくなります。

やはり見た目が大きくなると満足感は増しますし
何よりメインディッシュを安心して食べることができるようになります。

 

 

糖質を大幅カット
カリフラワーライス
糖質の摂取量を大幅にカットする1番手っ取り早い方法は
ご飯や麺類などの主食を低糖質な食材に置き換えてしまうこと。
その場合はできるだけ噛み応えのある食材に置き換えることがオススメです。

ご飯ならカリフラワーやブロッコリーに置き換えたり
豆類や根菜類をかさ増しとして使用したり
麺類ならしらたきを置き換えるのが最適です。

 

 

脂質を大幅カット
車麩カツ
脂質の摂取量を大幅にカットする場合は
脂質が特に多いバラ肉やロース肉などを使った料理の置き換えがオススメ。
つまり、肉を完全に置き換え食材で代用してしまうのが最も効果的です。

お肉の置き換え食材には車麩や高野豆腐が多く使われています。

 

 

主食をかさ増しする
主食かさ増し
ダイエットをする人の中には
主食であるご飯や麺類を減らすと
満足感が得られなくなってしまう人も多くいるかと思います。

そんな人はご飯や麺類の主食を減らさず
かさ増し食材をプラスして満足感を得ましょう。

また、主食の量を減らしてかさ増し食材を多めに補填することで
糖質とカロリーのカットに役立ちます!
こうすれば、かさ増しをした主食を多めに食べても
太りにくい食事を摂ることができます。

 

 

まとめ
食べて痩せるダイエットが主流になってきたので
かさ増し・置き換え食材やレシピは注目を集めています。

食べて痩せたい人は
どんな食材で置き換え・かさ増しをすると美味しいか試作するのも楽しいかと思います(o^^o)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る