【所さんの目がテン!】間食すれば痩せる?オススメも知りたい!

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回は3月19日の「所さんの目がテン!」で放送された
太りにくい間食について紹介したいと思います!!

街角でインタビューをしても
「間食(おやつ)はダイエットの天敵!」って思っている人も少なくないようです。
所さん自身も間食が多いそうですが
間食こそがダイエットの強い味方になってくれるようです。

 

 

ドカ食いスパイラル

確かに間食はダイエットの天敵とされていました。
しかし、間食をせずに過度の空腹感があると
ドカ食いをして逆に太ってしまう場合がよく見られます。

今では、お腹が空き過ぎるくらいなら間食を摂るように言われており
昔のように間食はダイエットの天敵という考えは薄まりつつあるようです。

昼食から夕食のように
次の食事までに時間が空きすぎて強い空腹感を感じる。

ドカ食いをしてしまう。

血糖値が急上昇。

インスリンの分泌で糖が脂肪として蓄積。

急上昇した血糖値が急降下。

また、強い空腹感を感じる。

 

 

これがドカ食いスパイラルになるのですが
このスパイラルを断ち切るのが間食です。

専門家の先生曰く
良い間食とは昼過ぎや夕方の小腹が空いた時に食べれば良くて
オススメは「ナッツ類」や「大豆類」を30gほど食べると良いとのこと。

番組内の実験では
たった30gのナッツを夕方に食べただけで
自然と夕食の食べる量が減少し、カロリーも200㎉~400㎉抑えられていました。

これはナッツを食べたことにより
血糖値をそこまで下げない状態で夕食を食べることができたためで
ドカ食いをしないので血糖値が緩やかに上昇し、緩やかに下降していくので
脂肪として蓄積しにくくなります。

 

 

他のオススメ間食

ナッツだけではない間食が食べたい人は
「血糖値が急上昇・急下降しない穏やかに変化するもの」
これが間食に向いているおやつの条件なのでお忘れなく。

 

シュークリーム

シュークリームにはタンパク質や脂質が含まれているので
胃の中に留まる時間が長く
消化・吸収がゆっくりになるので血糖値の上昇が緩やかになります。

番組内の実験では
同じ量の饅頭と比較するとシュークリームの方が
血糖値の変化は穏やかで、饅頭よりダイエット向きなのが証明されました。

 

肉まん

外の皮の糖質・中にはお肉たっぷりですが
肉まんにもタンパク質と脂質が含まれており血糖値の変化が穏やかに。
肉まんの血糖値の変化は
野菜サンドイッチとほぼ同じで大差ありませんでした。

 

⇒コンビニで買えるダイエット向きおやつについての詳しい記事

 

 

まとめ

おやつは上手に食べることでドカ食いを防ぐことができます。
1番のオススメはナッツや大豆ですが
他のものを食べる時には「タンパク質」と「脂質」が含まれている物を
選んで食べるようにしましょう(*^-^*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る