ドーパミンを簡単に増やす方法や食べ物って何があるの?

sponserd link

こんにちは☆

管理人の「ほし」です。

 

今回はドーパミンについて紹介します。

ドーパミンはダイエットのやる気を後押ししてくれるので
ダイエットを前向きに行っていくには必要なホルモンです。

簡単な方法で増やせるので
ダイエットをするなら増やさない手はないですよね。

 

 

ドーパミンを増やす食べ物

ワクワクした時やドキドキした時に分泌される
ドーパミンは分泌することで意欲が湧き
諦めずにダイエットを続けることができます。

ドーパミンを増やすには必須アミノ酸である「チロシン」を
含む食べ物を摂取する必要があります。

肉:豚ロース・鶏むね肉

魚:かつお節・しらす干し

穀類:小麦

豆食品:小豆・きな粉・大豆

野菜:枝豆・ほうれん草・グリンピース・たけのこ

果物:しいたけ・えのきだけ

このような食材にチロシンは多く含まれています。

 

 

ドーパミンを増やす方法

ドーパミンを増やす方法はさほど難しくありません。
簡単な方法で増やすことができます。

 

ときめく

イケメンな俳優さんを写真やTVで観たり
初めての体験をしたり
ドキドキしてときめくことでドーパミンは分泌されます。

いつも通らない散歩コースや行ったことのないお店に入る。
このようなことでも、新しい経験なので
興奮することでホルモン分泌を高めて脳を活性化し
意欲が湧いてくるのでダイエットも楽しくなります。

 

ご褒美を忘れない
ダイエット中は体重が減らなかったり、ちょっとでも増えただけで
気持ちが落ち込むことがありますが
逆に、少しでも痩せれたら自分へご褒美を与えましょう。

例えば
〇〇㎏になったらエステに行く。
〇〇㎏になったらアクセサリーを買う。

このように、目標体重の前にいくつか
ご褒美を与えれるポイントを作っておくとダイエットを長続きします。
ダイエット中のご褒美は
食べることではなく、自分を磨くようなご褒美にすることが望ましいです。

 

適度な運動

軽いランニングやウォーキングなど適度な運動をすることで
体と脳が活性化されて血流がアップするだけではなく
ドーパミンも分泌されます。

しかも、軽いランニングやウォーキングは
有酸素運動なので脂肪燃焼に効果的なので
ぜひ取り入れましょう。

 

声を出して笑う
楽しいことや面白いことがなくても声を出して笑うことは
免疫機能のアップ・脳の活性化に効果があることが実証されています。
脳が活性化するので
ドーパミンのみならず様々なホルモンにも影響するのではないでしょうか。
ダイエットが上手くいかなくても
家で1人になったら、とりあえず笑ってみましょう。

 

⇒成長ホルモンが最も分泌される睡眠の時間帯や食べ物についての詳しい記事

 

 

まとめ

ドーパミンの増やす方法でした。
ダイエットを意欲的に行えるように
ドーパミンを増やすのも1つの手ではないかと思います(*‘ω‘ *)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る