ダイエットのやる気を出す方法!簡単で効果的なやり方って?

sponserd link

 

何かやり遂げることを決めたのに途中でやる気がなくなって投げ出したくなる時ってありますよね。ダイエットも一緒で、やる気が出ずに途中で投げ出す人もいることでしょう。

「やらなきゃ」と思いつつ重い腰が上がらない人の参考になればと思います。

 

 

最初の目標を忘れない
ダイエットを始めるきっかけは何だったでしょうか?
・好きな人に振り向いてほしい
・キレイに洋服が着たい
・水着を着たい
・カッコよく(可愛く)なりたい
痩せる理由は人それぞれあるかと思いますし、ダイエット始めた時はやる気に満ちているかと思いますが人間は忘れる生き物です。特に停滞期や思ったように体重が落ちないとダイエットを始めた時のやる気は忘れてしまい「もうキツイ。やめてしまおう。」という考えの方が大きくなってきます。

そんな時はダイエットを始めた時のきっかけや目標を書いて壁に張ったり、携帯の待ち受けにしたりと日に何度も目に入るようにしましょう。

毎日自然と目標が目に入ってくるとダイエットを始めた時のきっかけや目標を忘れないので、やる気がなくなり途中で投げ出すことも少なくなります。ハードルが高い目標じゃなくて良いし、ダイエット途中で新しい目標ができるたびに追加していっても構いません。

 

もちろん文字だけの目標ではなく憧れのモデルや芸能人の写真を貼ったり待ち受けにするのも効果的です。
私がダイエットしている時はファン&憧れであるラルクアンシエルのhydeさんのポスターを貼っていました。今ではゴリマッチョになる新しい目標ができたので、スマホの待機画面はプロレスラーの棚橋選手です。


ちなみにこんな画像です。
待ち受けは可愛い愛娘ですが、ロックを解いたら棚橋選手が絶対に目に入ります(笑)
仕事に疲れてジムをさぼりたくなっても「俺は棚橋選手になる」ということを思い出すとサボらずにジムに行くことができます。

⇒【北島達也の筋トレダイエット!正しい腹筋と痩せる意外な食べ物は?】についての詳しい記事

 

 

やる気を出し過ぎない
ダイエットを始めた時は早く結果を出したくて無茶な運動や食事制限の計画を立てがちです。最初の数日は良くても段々と体や精神的に追い込まれていき、結局やめてしまいます。自分の首を自分で絞めてしまう典型的なパターンです。

ダイエットの計画を立てるときは「これくらいなら自分にもできるかな」くらいの難易度から始めましょう。

最初から無理してできるくらいならそもそも太ってはいませんし、計画通りにやれて負担に感じなくなってから難易度を上げていけば良いだけです。

私自身も食事を制限していましたが、習慣になり負担に感じなくなってから運動を取り入れました。運動も3㎞走るのを最初の目標にしていましたが、それも負担に感じなくなったどころか自分から走りたくなり6㎞走るようになっていました。1つ1つのことをクリアしていくと自信がついて快感になってくるのでやる気が出てきます。

⇒【痩せる歩き方でお腹を凹ませる方法は?太ももやふくらはぎも細くなるって本当?】についての詳しい記事

 

 

記録する
ダイエットで記録(レコーディング)することはよく言われることですね。
私もレコーディングダイエットで50㎏痩せたのでダイエット中は、毎朝の体重と体脂肪・食べたもの・時間・量・カロリー・運動を常に記録していました。

記録した時の大きなメリットは痩せなくなった時に、食生活を目で見て見直すことができダイエットの方向修正ができることです。

ダイエット中は節制しているつもりでも「これくらい大丈夫だろう」と食べ過ぎていることもあります。改めて客観的に見直したときに痩せない原因を早急に解決するとやる気を失わずに済みます。

私的に大きなメリットを感じたのは自分がやってきたダイエットが間違いではなかったと再確認できたこと。
改めてダイエット開始時の体重や低カロリーで美味しいおやつを見つけたことなどをを見直すことで「俺こんなにも痩せれたんだ」と思うと、自分がやってきたダイエットは無駄じゃなかったと思えるので、さらにダイエットが意欲的に行えました。

⇒【レコーディングダイエットの方法と効果は?おすすめアプリも紹介!】についての詳しい記事

 

 

弱音は吐いちゃう
ダイエットに限らない話ですが、ストレスが溜まった時や弱音を吐きたくなった時に無理して自分を鼓舞するとストレスになることが、自衛隊の研究で報告があったそうです。ストレスはダイエットの天敵です。ストレスでダイエットのやる気が削がれ投げ出す人も多くいるかと思いますが、弱音が吐きたくなったら我慢せずに口に出してしまいましょう。

「あぁ~、ケーキ1ホール食べたい」
「もう運動したくない」
「ダリ~!疲れた」
人に聞かせてしまったりSNSに投稿してしまうと他の人はあまりイイ顔をしないと思うので、独り言で好きなように弱音や愚痴を吐いてストレスを溜めないようにしましょう。

⇒【ダイエット脳になるには?ストレスから解放されて痩せる方法!】についての詳しい記事

 

 

ダイエット仲間を作る
もしかしたら、これ以上にやる気が出る方法はないのではと思えます。
ダイエット仲間を作り苦労話しや情報交換をしたり、一緒に運動をすれば切磋琢磨してサボったりもできないしやる気が無くなることもないでしょう。

私はダイエット仲間はいませんでしたので、ダイエットして痩せる事を周りに公言していました。痩せないなんてありえないって状況を自分から作り出しました。

すると、痩せるたびに周りから
「痩せてきたね」
「顔小さくなったね」
「頑張ってるね」
など、痩せた変化に気付いてくれたり応援の言葉をかけてくれたりしました。

痩せる状況を作る→痩せる→変化に気付いてくれる→褒めてほしくてやる気が出る→また痩せる
このように良い連鎖が生まれていたように感じます。

ダイエット仲間はいませんでしたが体を鍛える仲間がいたので(その友達は転勤になりました)、お互いの食生活やおすすめのプロテインなどの情報交換をしたり、一緒にジムに行く約束をしたりと1人で体を鍛えるとキツイですが楽しくトレーニングができました。

⇒【太ももを細くしてくれる簡単・短期間で効果が出る筋トレ方法!】についての詳しい記事

 

 

まとめ
ダイエット中にやる気がなくなるなんてダイエットした人には必ずあります。ただ、ダイエットに成功した人は自分なりのやる気を出す方法を見つけて実践していたんだと思います( ^)o(^ )

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る