野菜を食べると痩せる理由って?痩せやすくなる食べ方を紹介!

sponserd link

 

小さい頃から「野菜を食べなさい」と親に口うるさく言われたものですが、健康面はもちろんダイエットして痩せるにも野菜は必要不可欠なものです。

厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は350g。なかなか1日で食べるにしては大変な量ですが、野菜を食べる事でのダイエット効果さえ分かれば無理して食べるよりもだいぶ食べやすいのではないかと思います。

⇒【野菜でダイエットやキレイになる為に効果があるのは?種類や効果を紹介!】についての詳しい記事

 

 

野菜のダイエット効果
世間がとうに周知していることですが、野菜のダイエット効果や栄養素を詳しく説明していきます。

食物繊維
野菜と言ったら1番初めに思い浮かぶ栄養素ではないでしょうか。腸内環境を整えたり便秘の予防に役に立つのでダイエットの強い味方になります。

ただ食物繊維には水溶性と不溶性の2種類あります。
水溶性食物繊維は食物繊維は胃の中で膨らみ消化に時間がかかるので満腹感を持続することができるので食べ過ぎの防止につながり、便の水分量を増やしてお通じを良くしてくれます。水溶性食物繊維は海藻・果物・オクラに多く含まれます。

⇒【ガッテン  オクラのダイエット効果とは?簡単レシピも紹介!】についての詳しい記事

不溶性食物繊維は胃などで消化されずそのまま腸に届くので乳酸菌などの善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれるし、余分な脂肪を取り込んで排出してくれます。不溶性食物繊維はレタス・セロリ・ゴボウ・きのこ類に多く含まれます。

⇒【きのこダイエットの効果は?レシピも公開!】についての詳しい記事

 

代謝を上げてくれる
野菜に様々な種類があるようにダイエットに効果的な栄養素もたくさんあります。
ビタミンB        糖質と脂質の代謝に有効⇒枝豆・ニンニク
ビタミンB6・葉酸      筋肉の合成⇒ブロッコリー・ほうれん草・緑黄色野菜
共役リノール酸      脂肪の吸収を抑え、脂肪を減少⇒ゴーヤ
13-OXO-ODA    脂肪燃焼効果アップ、脂肪肝予防⇒トマト

野菜は同じものを毎日食べるよりも色々な野菜を食べることで代謝アップ・筋肉づくり・脂肪燃焼・腸内環境を整えるなどダイエットの強い味方になってくれます。また果物や野菜には体調や機能を整えて健康的に痩せるための亜鉛や銅・カリウムなどのミネラルを多く含んでいるので、毎回の食事で摂るようにしましょう。

 

 

痩せやすくなる食べ方
どうせ野菜を食べるのであれば痩せやすくなる食べ方をする方がお得ですよね。

ベジタブルファースト
ベジタブルファーストとは食事の1番初めに野菜を食べることで糖質と脂質の吸収の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を抑えることで脂肪が溜まりにくくなる方法です。初めに野菜を食べることで空腹が抑えられるんぼで、その後の食事も少量で満足感が出て食べ過ぎを防ぐことができます。ここで食べるときに勘違いしてはいけないのが野菜を食べること。たまにマカロニサラダやポテトサラダを食べる人がいますが、サラダという名前でも糖質と脂質の塊なので避けるようにしましょう。

食べるのは生野菜サラダ・海藻・酢の物何でも構いませんが、専門家の中には「ベジタブルファーストは野菜を100g食べないと意味がない」と話す先生もいますので、それなりの量を食べないと効果はないかもしれません。コンビニ弁当に添えてあるような少量の野菜では効果は薄いかもしれませんね。

私もベジタブルファーストを心がけていますが、かなりの空腹でも野菜をそれなりの量食べることで、おかずの量を減らすことができます。

⇒【野菜ダイエットの効果はいつから?食べ方はどうすればイイの?】についての詳しい記事

 

野菜は歯応えがあるように
野菜は小さくカットするよりも大きめに切るようにしてたくさん噛みましょう。たくさん噛めば満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを予防できますし、噛めば噛むほど消化酵素を含む唾液が分泌されるのでよく噛むことはダイエットにとっては非常に大切です。よく噛むことで小顔効果だってあります。

よく噛むためには生野菜はおすすめです。熱で栄養素を壊す心配もないし、噛みごたえもあります。特にきのこ類はミネラルなどの栄養価も高く食物繊維も多いですが、熱で栄養素を失いやすいので味噌汁や鍋料理で使って汁ごと食べるか、炒めるのであればサッと火を通して炒める程度にしておきましょう。

⇒【よく噛むことはダイエットに効果的とは限らない?痩せる期間や回数は?】についての詳しい記事

 

飽きないようにアレンジする
正直、野菜をカットしただけのサラダばかりではなく味噌汁に入れたり、酢の物にして食べると飽きずに食べることができます。サラダのドレッシングを変えるのも飽きない方法ですが、ドレッシングはドロッとしたものは糖質が高くなりやすくなるので糖質が低いドレッシングを選ぶとダイエット効果は高くなります。

⇒【野菜ダイエットが太る原因に!痩せる正しいやり方を紹介!】についての詳しい記事

 

 

まとめ
野菜はダイエットに必要ですが野菜だけではなく、体のエネルギーとなる炭水化物・筋肉の源になるタンパク質も摂るようにしていきましょう(*´▽`*)

sponserd link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る